売掛債権の流動化(liquidation of credit receivable)とは

売掛債権の流動化(liquidation of credit receivable)とは
売掛債権の流動化(liquidation of credit receivable)は企業が代金を回収していない売掛債権を第三者を通じて流動化することです。企業は早期に資金回収でき、信用売りをしても現金売りと同様の効果が期待できるうえ、回収分だけ運転資金を銀行から借入る必要がなくなり資金効率が高まります。流動化は譲渡方式と信託方式があり、譲渡方式は企業が特定目的会社(SPC)に売掛債権を譲渡し、SPCがコマーシャルペーパー(CP)の発行や債券を小口化するなどして資金化する方式で信託方式は企業が信託銀行に売掛債権を信託し、信託銀行が小口の受益権証書を投資家に販売して資金を調達する方式です。

関連ワード>特定目的会社
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「う」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。