裏書禁止手形(non-negotiable bill)とは

裏書禁止手形(non-negotiable bill)とは
裏書禁止手形(non-negotiable bill)は振出人が表面に「裏書禁止」または「指図禁止」「○○殿限り」といった文句を記載した手形のことです。将来負担するかもしれない債務を担保するために、あらかじめ手形を発行する場合などに使われます。その手形が受取人以外の者に渡っても振出人は受取人に主張できる抗弁をもって譲受人に対抗できます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「う」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。