MCPA(MasterCard Chip Payment Application)とは

MCPA(MasterCard Chip Payment Application)とは
MCPA(MasterCard Chip Payment Application)はMasterCard社がブランドホールダーとして推進している、スマートカード(ICカード)を利用した決済取引に関する標準規約のことです。カード会員がクレジット決済またはデビット決済で利用した取引データをカード業界の居閏オペレーティングシステム(MULTOS)のコントロール配下で管理することができるのでMasterCardネットワークのみならず、MaestroやCirrusのネットワークにおいても利用可能になっています。

関連ワード>MULTOS
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「え」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。