相続の承認(acceptance of succession)とは

相続の承認(acceptance of succession)とは
相続の承認(acceptance of succession)は相続人が相続財産の承継を承認する意思表示をいいます。単純承認と限定承認とがあります。単純承認をすると、相続人は無限に被相続人の権利義務を承継します(民法920条)。限定承認は、相続人が相続財産の限度でのみ被相続人の債務および遺贈を弁済するという留保条件付きでする承認です(同法922条)。限定承認をする場合は、共同相続人全員が共同してすることを要し(同条923条)、相続開始があったことを知った日から3ヶ月以内に財産目録を作って家庭裁判所に提出し、その旨を申述しなければなりません(同法924条)。限定承認は、被相続人の財産(積極財産)がその債務(消費財産)よりも少ない場合に利用されることが多いです。

関連ワード > 相続の放棄
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「そ」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62579236

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。