総合口座(deposit combined account)とは

総合口座(deposit combined account)とは
総合口座(deposit combined account)は普通預金に定期預金などを担保とする当座貸越の機能がついた銀行口座のことです。普通預金の残高が不足した場合には、定期預金・国債などを担保に一定額まで自動的に当座貸越で払出しができます。1972(昭和47)年から取扱いが始まり、「使う・貯める・借りる」の3つの機能を1冊の通帳で利用できる銀行の個人用主力商品として定着しています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「そ」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。