全銀データ通信システム(all banks data communication system)とは

全銀データ通信システム(all banks data communication system)とは
全銀データ通信システム(all banks data communication system)は全国銀行データ通信システムの略です。単に全銀システムともいいます。全銀データ通信センターに設置されたコンピュータ・システムと全国の加盟銀行に設置された中継コンピュータとを専用通信回線によって接続したもので、為替通知およびそれに付随する通信などの電文の交換、為替の集中決済処理を行なっています。加盟銀行と個人信用情報センター間の個人信用情報の照会もこのシステムによっています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「せ」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。