ソルベンシーマージン(solvency margin)とは

ソルベンシーマージン(solvency margin)とは
ソルベンシーマージン(solvency margin)は生命保険会社の財務体質の健全性を測る尺度の1つです。保険会社が保有している保険リスク以外のリスクや保険リスクのうち異常リスクに相当する部分に対して、どの程度の対応力(支払余力)があるかを示します。当期未処分過剰金や危険準備金、土地の含み益などから求めたソルベンシーマージン総額を、保険リスク合計と資産運用等リスク合計の平均値で割ったものに100を掛けて計算します。手持ちリスクと支払余力の比が1対1なら、ソルベンシーマージンは200となりますが、これが最低限の水準を示します。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「そ」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。