貯蓄預金(savings account; savings deposit)とは

貯蓄預金(savings account; savings deposit)とは
貯蓄預金(savings account; savings deposit)は流動性預貯金の1つです。1992(平成4)年6月に、預貯金金利完全自由化の実現を展望した流動性預貯金金利の自由化第1弾として導入されました。普通預金、通常貯金より金利は高い反面、公共料金やクレジットカードの購入代金などの自働引落しができないなど、決済機能に制限があります。1994(平成6)年10月から流動性預金金利が完全自由化されたのに伴ない、最低預入残高の多様化など各金融機関によって商品性の見直しもなされています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「ち」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62579364

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。