印鑑証明(certificated of seal impression)とは

印鑑証明(certificated of seal impression)とは
印鑑証明(certificated of seal impression)はその印影があらかじめ印鑑登録された印鑑のものであることを、官公署(市区町村や登記所)の長が書面で証明する制度です。この印鑑証明により契約書などに使用された印影が契約当事者本人のものであることが証明されます。登記申請など一定の場合に印鑑証明書の提出が必要とされます(不動産登記法施行細則42条、42条ノ2など)。実際には印鑑登録時に交付された印鑑登録証の提示により登録された印鑑を複写した印鑑登録証明書が発行されます。

関連ワード>印鑑登録
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「い」から始まる金融用語解説

インサイダー取引(insider trading)とは

インサイダー取引(insider trading)とは
インサイダー取引(insider trading)は会社の役員、従業員、大株主など、企業の機密情報を知り得る立場にある内部関係者が未公開の情報を利用してその企業の証券の売買を行なうことです。内部者取引ともいいます。1989(昭和63)年5月施行の改正証券取引法によりインサイダー取引が違法な行為として禁止され(証券取引法166条、167条)会社役員等による自社株売買についての開示制度の導入などが定められています。こうした取引で儲けても損をしても処罰されるので注意を要し、とくに自社株の短期売買については役員や従業員は無用の誤解を招かないように自粛に努めることが大切です。
会社関係者とは@内部者(役職員、大株主)、A準内部者(法令に基づいて会社に権限をもつ者、契約者)、B情報受領者(内部者・準内部者から重要事実を伝えられた者)です。また、重要事実には@株式分割、配当、合併など、A主要株主の異動、災害による損害発生、B業績見通しの変化、Cその他投資判断に影響を及ぼす経営情報、があります。なお、2000(平成12)年7月から、@子会社の会社関係者、A子会社の重要事実、B連結情報、が追加されました。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「い」から始まる金融用語解説

印鑑照合(verification of seal impression)とは

印鑑照合(verification of seal impression)とは
印鑑照合(verification of seal impression)は金融機関であらかじめ届け出てある印鑑と預金の払戻請求書や手形・小切手などにおされた印影を照合することです。金融機関が使用された印影(または署名・暗証)を届出の印鑑(または署名鑑・暗証)と相当の注意をもって照合し相違ないものと認めて取り扱ったうえは、偽造や変造などがあってもその損害について責任を負わないとされています(普通預金規定ひな型8など)。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「い」から始まる金融用語解説

印鑑/印章(seal)とは

印鑑/印章(seal)とは
印鑑/印章(seal)は官公署や金融機関に印鑑届として届け出てある印影をいいます。俗に印章のことを印鑑と呼ぶことがあります。署名(いわゆるサイン)の場合は署名鑑いいます。印影を顕出させるために木・象牙・石などに姓名などの文字または符号を刻んだものを「印章」といい、印顆、印形ともいわれます。一般には「判」とか「判こ」といわれます。

関連ワード>印影、印鑑照合、印鑑証明
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「い」から始まる金融用語解説

インカムゲイン(income gain)とは

インカムゲイン(income gain)とは
インカムゲイン(income gain)は有価証券や不動産などの保有により得られる利子・配当・分配金・家賃などの所得収入のことです。投資対象証券の償還・支払いによる損益、すなわちキャピタルゲイン(ロス)とともに証券投資の収益を構成します。

関連ワード>キャピタルゲイン、キャピタルロス
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「い」から始まる金融用語解説

印影(impression of seal)とは

印影(impression of seal)とは
印影(impression of seal)は紙などに押された印章の跡をいいます。

関連ワード>印鑑、印章
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「い」から始まる金融用語解説

違約金(penalty)とは

違約金(penalty)とは
違約金(penalty)は契約不履行の場合に債務者が支払うことを約束した損害補償金で金銭消費貸借契約の場合の遅延損害金(late payment charge)も違約金の一種です。

関連ワード>遅延損害金
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「い」から始まる金融用語解説

委任状(letter attorney)とは

委任状(letter attorney)とは
委任状(letter attorney)は契約の締結など一定の事項について、ある者に委任した旨を記載した書面です。委任者が受任者に委任事項について代理権を付与したことを第三者に証明するために用いられる事が多いです。委任は不様式の契約でとくに書面の作成を必要をしないが、トラブルの回避など実際上の便宜から委任状を作成、交付するのが普通です。委任事項の一部や受任者の氏名を記載しないものを「白紙委任状」といい貸金業規制法では貸金業者が公正証書作成のための白紙委任状を取得することは制限されている(同法20条)。

関連ワード>委任
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「い」から始まる金融用語解説

委任(mandate)とは

委任(mandate)とは
委任(mandate)は当事者の一方(委任者)が他方(受任者)に事務の処理を委託し受任者がこれを承諾することによって成立する契約をいいます。多額の債務を抱えた債務者が弁護士に債務整理を依頼する場合などがこれに当たります。民法では契約などの法律行為の委託を委任とし(民法643条以下)法律行為でない事務の委託を準委任をして区別していますが準委任には民法の委任の規定が全面的に準用されます(民法656条)。受任者は善良な管理者の注意をもって委任事務を処理するものとされます。委任は各当事者がいつでも解除することができ、代理権の付与を伴なうことが多いです。

関連ワード>委任状
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「い」から始まる金融用語解説

異動情報とは

異動情報とは
異動情報はいわゆるブラックリストのことです。日本の個人信用情報機関では延滞や債務不履行になった債権の情報について「異動情報」と呼びます。業態別3個人信用情報機関が交流しているのは「異動情報」のみであり、また交流される異動情報は長期延滞債権(3ヵ月以上の延滞債権)など限定されています。

関連ワード>個人信用情報機関
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「い」から始まる金融用語解説

一括払いカード(non-installment card)とは

一括払いカード(non-installment card)とは
一括払いカード(non-installment card)はマンスリークリア(翌月または翌々月一括払い)方式で支払うクレジットカードのことです。

関連ワード>割賦カード
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「い」から始まる金融用語解説

一括払い(single payment;single lump sumcredit)とは

一括払い(single payment;single lump sumcredit)とは
一括払い(single payment;single lump sumcredit)は消費者信用の返済方法のうち分割払いではなく1回払いで返済する方法です。このうち特に翌月または翌々月に一括払いする方法をマンスリークリア(monthly clear)といいます。このほかに日本では「ボーナス一括払い」などもあります。一般に販売信用の場合の一括払いについて日本では金利がつきません。

関連ワード>分割払い
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「い」から始まる金融用語解説

一括完済(pay off;repayment at one time)とは

一括完済(pay off;repayment at one time)とは
一括完済(pay off;repayment at one time)は債務残高を一括にすべて返済し、清算することです。一般に約定期限前や途中返済時に繰上げ一括返済する場合に用いられることが多いです。

関連ワード>一括払い
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「い」から始まる金融用語解説

印紙税(stamp tax)とは

印紙税(stamp tax)とは
印紙税(stamp tax)は契約書や手形・小切手、領収書など、日常の経済取引に関連して作成される各種の文書に課税される国税の一種です。具体的は各種契約書や受取書など印紙税法別表第一の課税物件表に掲げられている1号から20号までの各文書が対象となり、文書の作成者が収入印紙を貼ることで納税することとなります。なお、昭和40年代銀行系クレジットカード会社の売上伝票(会員がサインする伝票)をめぐり、カード業界と大蔵省が印紙を貼るべきか否かで論争しましたが業界側の「売上伝票は契約書に非ず」との主張が通り印紙を貼らなくてもよいということになりました。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「い」から始まる金融用語解説

インフレーション(inflation)とは

インフレーション(inflation)とは
インフレーション(inflation)は膨張,とくに通貨の膨張の意味でその結果生じる物価騰貴のことをさします。略してインフレといいます。

関連ワード>デフレーション(deflation)
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「い」から始まる金融用語解説

インプリンタ−(imprinter)とは

インプリンタ−(imprinter)とは
インプリンタ−(imprinter)は印字機のことでクレジットカードのカード番号などの凸型刻印(エンボス)部分を売上伝票に複写する小型の機械です。

関連ワード>エンボス
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「い」から始まる金融用語解説

イントラネット(Intra Net;intranet)とは

イントラネット(Intra Net;intranet)とは
イントラネット(Intra Net;intranet)は社内独自の通信網(LAN)などをインターネットと結んで活用するネットワークです。intraは英語で「組織内」といった意味でインターネットはオープンなネットワークなのでファイアウォール(防火壁)と呼ばれる監視用コンピュータを置いて、外部からの侵入をストップする必要があります。

関連ワード>エクストラネット
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「い」から始まる金融用語解説

インデグゼーション(indexation)とは

インデグゼーション(indexation)とは
インデグゼーション(indexation)は物価に連動させて賃金・金利・年金などを修正し、インフレの進行による実質的な価値の低下を除去し中立化する具体的な対策です。物価指数化方式、または「物価スライド方式」と訳されています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「い」から始まる金融用語解説

インターバンク市場(interbank market)とは

インターバンク市場(interbank market)とは
インターバンク市場(interbank market)は短期金融市場のうち金融機関・証券会社などのみが参加する市場をさします。具体的にはコール市場と手形売買市場がこれにあたります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「い」から始まる金融用語解説

インターネットバンキング(internet banking)とは

インターネットバンキング(internet banking)とは
インターネットバンキング(internet banking)はインターネットを活用して提供する残高照会や振込・振替などの銀行サービスです。顧客は自宅のパソコンなどを通じて銀行と直接取引きできます。電子メールによる相談の受け付けなど独自のサービスを行なっている銀行もあります。また最近では携帯電話でのインターネット接続機能を使いインターネットバンキングが利用できる「モバイルバンキグ」サービスも登場しています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「い」から始まる金融用語解説

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。