インターネット契約(取引)/インターネットトラブル(internet contract(transaction)/internet trouble)とは

インターネット契約(取引)/インターネットトラブル(internet contract(transaction)/internet trouble)とは
インターネット契約(取引)/インターネットトラブル(internet contract(transaction)/internet trouble)はインターネットを利用した電子商取引(EC)が普及するにつれて契約行為や取引行為などでのトラブルも増加の一途をたどっていて、例えばインターネット通販における決済を巡る問題だけとっても@なりすまされた本人と販売店との関係では売り主との法律関係すなわち契約が成立しているかどうか、Aなりすまされた本人との決済機関(カード会社・銀行)との間の法律関係において決済機関はなりすまされた本人に代金支払請求をすることができるか、またはなりすました者の指示によってなされた振込は有効かなど、法律的側面からも検討すべき課題は数多い状況です。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「い」から始まる金融用語解説

インターネット銀行(internet bank)とは

インターネット銀行(internet bank)とは
インターネット銀行(internet bank)は支店網を持たずインターネットを利用して預金・送金業務や公共料金の振込、インターネット上での商品購入代金決済サービスなどを提供する銀行のことです。日本におけるインターネット銀行としては、「スルガ銀行ドリームダイレクト支店」(1999年9月開業)、「ジャパンネット銀行」(2000年10月開業)、「富士銀行エムタウン支店」(2001年1月開業。2002年4月からはみずほ銀行)、「ソニー銀行」(2001年6月開業)などがあります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「い」から始まる金融用語解説

インターチェンジ・フィー(interchange fee)とは

インターチェンジ・フィー(interchange fee)とは
インターチェンジ・フィー(interchange fee)はアクワイアラー(加盟店獲得会社)がイシュアー(カード発行会社)に支払う、売上交換手数料のことです。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「い」から始まる金融用語解説

インストア・ブランチ(in-store branch)とは

インストア・ブランチ(in-store branch)とは
インストア・ブランチ(in-store branch)はスーパーマーケットやショッピングセンター、百貨店などの小売流通業の店舗内に出店している銀行の小型有人店舗をいい1997(平成9)年に金融機関の出店規制が緩和され壁やドアなどの仕切りをもたない店舗展開が可能になりました。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「い」から始まる金融用語解説

インストールメント(imstallment plan)とは

インストールメント(imstallment plan)とは
インストールメント(imstallment plan)は分割払い、割賦のことです。

関連ワード>一括払い、非割賦
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「い」から始まる金融用語解説

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。