コーチ屋(‘coach’sales)とは

コーチ屋(‘coach’sales)とは
コーチ屋(‘coach’sales)は返済に苦しむ多重債務者をビラやチラシなどで勧誘し、カードで換金性商品を買い回らせた上で転売し、換金代金の相当部分を手数料としてとる悪徳業者のことです。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説

小売系カード(retailer's credit card)とは

小売系カード(retailer's credit card)とは
小売系カード(retailer's credit card)は百貨店、スーパーなど小売業者が発行しているクレジットカードのことです。

関連ワード>流通系カード
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説

抗弁権(支払停止の)(reight of assert claims;right of defences)とは

抗弁権(支払停止の)(reight of assert claims;right of defences)とは
抗弁権(支払停止の)(reight of assert claims;right of defences)は請求権の行使に対して、その作用を阻止しうる権利です。割賦販売取引において、返済を一度棚上げする(withhold payment)ことによって、消費者が信販会社(クレジット会社)に対抗する権利です。クレジット(割賦購入あっせん契約)で商品を購入したが、商品が届かなかったり、見本と違っていたり、瑕疵あるいは欠陥があるなど、売り主との間で未解決の紛争が生じている場合、購入者はそれを理由としてクレジット会社への支払いを拒むことができます。この権利のことを(支払停止の)抗弁権といいます。昭和50年代後半に個品割賦購入あっせん契約をめぐるトラブルが激増したこともあり、旧通産省は昭和59年の割賦販売法の改定作業の中で「消費者の抗弁権は信販会社にも及ぶ」という消費者保護策を打ち出しました(割賦販売法30条の4)。売り主に対してだけでなく、クレジット会社に対しても(支払停止の)抗弁権を主張することができるため、「抗弁権の接続」と呼ばれています。抗弁権が接続される条件としては、@購入者が「商行為」として購入した物品でないこと(例えば自動販売機などは不可)、A割賦購入商品の支払総額が4万円または、リボルビングカードの場合は現金販売価格が3万8
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説

抗弁(defense;plea)とは

抗弁(defense;plea)とは
抗弁(defense;plea)は民事訴訟における相手方の攻撃に対する防御の方法の1つです。原告の主張する事実を単に否認するのではなく、訴求の棄却をもたらす別の新たな事実を主張することです。原告がこれに対し、さらにこれを排斥する事由を主張することを「再抗弁」といいます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説

公認会計士(CPA=certified public accountant)とは

公認会計士(CPA=certified public accountant)とは
公認会計士(CPA=certified public accountant)は1948(昭和23)年制定の公認会計士法に基づき、財務書類の監査または証明を業とする職能専門家です。このほか、財務書類の調整や財務の調査立案(計理士業務)、税理士業務、経営コンサルタント業務も行なうことができます。証券取引法で作成・公表を要する財務諸表には、公認会計士または監査法人による監査証明を受けなければなりません。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説

口頭弁論(oral proceedings)とは

口頭弁論(oral proceedings)とは
口頭弁論(oral proceedings)はあらかじめ定められた期日に、公開法定で当事者双方が対席し、裁判所に対して直接、口頭により弁論、証拠調べを行なう手続きをいいます。その経過を公証するため、裁判所書記官が期日ごとに作成する書類を「口頭弁論調書」といいます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説

公定歩合(official rate;official money rates)とは

公定歩合(official rate;official money rates)とは
公定歩合(official rate;official money rates)は中央銀行が、市中銀行に対して融資する場合に適用する基準金利のことです。日銀は公手歩合を上下させることにより、民間金融機関の貸出金利を間接的にコントロールします。公定歩合の決定及び変更は、日本銀行法により、日本銀行政策委員会の専決事項となっています。公定歩合操作は日銀が金融政策を運営するうえでの基本的手段であり、その効果は「コスト効果」と「アナウンス効果」に大別されます。「コスト効果」とは、日銀からの借入れコストやその他金利の変化を通ずる効果です。また、公定歩合が金融政策のスタンスの基本的な変更を示すものとして、金融機関や企業、個人等の経済主体に受け止められ、その結果、これら経済主体の経済活動に変化が生じるという「アナウンス効果」も同様に重要です。とりわけ、1996年春以降は、短期市場金利を平均的にみて、公定歩合を下回るように日銀の市場運営がなされているため、市中銀行は例外的な場合を除き、日銀から直接借入れしていません。このため公定歩合の効果はもっぱらアナウンス効果となっています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説

広帯域ISDN(B-ISDN)(Broad Band Integrated Services Digital Network)とは

広帯域ISDN(B-ISDN)(Broad Band Integrated Services Digital Network)とは
広帯域ISDN(B-ISDN)(Broad Band Integrated Services Digital Network)は劾TTでーたが提供している広帯域のISDN(100メガビット級以上の総合デジタル通信網)のことです。

関連ワード>ISDN
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説

控訴(‘kouso’appeal)とは

控訴(‘kouso’appeal)とは
控訴(‘kouso’appeal)は第一審の終局判決に対して不服のある者が、その直近の上級裁判所に審査してもらうための不服申し立て制度です。論点は事実点か法律点かを問いません。この申立てによって控訴審手続きが開始され、第一審判決は確定しません。高等裁判所の判決に対しては上告(第二審の未確定な終局判決に対する上訴。現判決の当否を、もっぱら法令の解釈・適用の面から審査することを求める)のみで控訴は許されていないため、実際には地方裁判所、家庭裁判所、簡易裁判所の判決に対して許されていることになります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説

厚生年金保険(employee's pension insurance)とは

厚生年金保険(employee's pension insurance)とは
厚生年金保険(employee's pension insurance)は一般のサラリーマンを対象とした公的年金制度で、1942(昭和17)年に創設されました。加入者は1995年度末で、3
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説

公正信用報告法(FCRA=the Fair Credit Reporting Act)とは

公正信用報告法(FCRA=the Fair Credit Reporting Act)とは
公正信用報告法(FCRA=the Fair Credit Reporting Act)は米国の消費者信用保護法(Consumer Credit Protection Act)の第6編を構成する法律です。1970年制定、1971年施行されました。個人信用情報機関(credit bureau)に関する法律です。消費者保護と同時に、クレジットビューローの保護も盛り込んでいます。具体的には、情報提供先の制限、情報の償却年限(ネガティブ情報は通常7年、破産宣告は10年以上経過したものは提供してはならない)、消費者からの問い合わせ、異議申立てによる情報内容訂正システムなどです。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説

公正信用請求法(FCBA=the Fair Credit Billing Act)とは

公正信用請求法(FCBA=the Fair Credit Billing Act)とは
公正信用請求法(FCBA=the Fair Credit Billing Act)は米国の消費者信用保護法第1編の真正貸付法(Truth in Lendings
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説

公正証書(notarial deed)とは

公正証書(notarial deed)とは
公正証書(notarial deed)は一般には公証人が、公証人法に基づいて当事者の要請により作成した法律行為(例えば契約)に関する証書のことです。訴訟において強い証拠力を持ちます。また、債務者の執行認諾文言のある公正証書は、債務名義と認められ、債権者は支払命令や判決などの時間を要する裁判上の手続きを経ないで強制執行ができます。

関連ワード>債務名義
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説

公正債権回収法(the Fair Debt Collection Practices Act)とは

公正債権回収法(the Fair Debt Collection Practices Act)とは
公正債権回収法(the Fair Debt Collection Practices Act)は米国の消費者信用保護法の第8編として1977年制定、1978年施行された法律で、クレジット業者や回収業者が、消費者から債券を取り立てる債の業務を定めたものです。例えば、@督促は葉書でしてはならない。また封書であったとしても、本人が差出人からお金を借りていることがわかるようなものは禁止、A本人以外に督促してはならない、B同一人に対して、2回以上同じことを尋ねることの禁止、C消費者が弁護士を代理人としてときは弁護士以外に連絡をとることを禁止、D勤務先での取立ての連絡を禁止しているといわれたら、回収者は勤務先に2度と連絡してはならない、E債務者の同いなく午後9時以降、午前8時前に連絡を取ってはならない、などが定められています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説

公信力(effect of public registration)とは

公信力(effect of public registration)とは
公信力(effect of public registration)は登記、占有などの表面に出ている事実を信頼して取引する者に対し、公示通りの法律効果を生じさせる法律上の効力のことです。日本の不動産登記は第三者対抗要件とされ、この公信力は認められていません。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説

公信の原則(principle for protection public registration)とは

公信の原則(principle for protection public registration)とは
公信の原則(principle for protection public registration)は登記や占有などの外形上の事実を信頼した者の権利を認め、これを保護する制度をいいます。「動的安全」ともいいます。動的安全とは、新たに取得する権利・利益を保護する法的制度のことです。これに対し、既存の権利・利益を保護しようという制度のことを「静的安全」といいます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説

抗磁力(coercivity)とは

抗磁力(coercivity)とは
抗磁力(coercivity)は磁気テープに一度入力した記号の消えにくさを表した指標です。抗磁力が大きいほど、高音域まではっきりと録音、再生できることになります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説

公証人(public notary)とは

公証人(public notary)とは
公証人(public notary)は法務大臣の任命により法務局に所属し、公証人役場で法律行為に関する事実について、「公正証書」を作成し、私署証書に認証を与える等の権限を有する公務員のことです。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説

講習会商法(‘school’sales)とは

講習会商法(‘school’sales)とは
講習会商法(‘school’sales)は講習会の名目で消費者を集め、結果的には高価な商品をクレジットで買わせる悪質商法のことです。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説

公社債投資信託(bond investment trust)とは

公社債投資信託(bond investment trust)とは
公社債投資信託(bond investment trust)は投資信託の1つの形態で、株式で運用せず、主に元本が安全確実な公社債で運用し、余裕金はコール・ローンや手形割引等で運用するのもです。1961(昭和36)年発足しました。通常1万円が申し込み単位です。株式投資信託(運用対象に株式が含まれている投資信託)同様、新しい資金の追加が行なわれるかどうかにより単位型と追加型に分類され、前者には無分配型国債ファンド(ジャンボ)、後者には中期国債ファンド、利金ファンド等があります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。