登記(registration)とは

登記(registration)とは
登記(registration)は自己の所有権を第三者に主張するために、登記所(法務局または法務局の支局、出張所)に、所有権を登録することをいいます。民法177条では、「不動産に関する物件の得喪及び変更は、登記法の定めるところに従い、その登記を為すに非ざれば、これを以って第三者に対抗することを得ず」としています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「と」から始まる金融用語解説

同意文言(individual's agreement with personal data registration)とは

同意文言(individual's agreement with personal data registration)とは
同意文言(individual's agreement with personal data registration)はクレジット・消費者金融を契約する際に、審査のために個人信用情報機関に照会し、情報を登録することについて顧客から得る同意です。同意文言を得ないで照会・登録を行ってはいけません。照会の際に得るものを「利用同意」、契約の内容を登録するために得るものを「登録同意」といい、利用同意は申込書内に、登録同意は契約書内に記載されていることが多いです。

関連ワード > 登録同意
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「と」から始まる金融用語解説

統一消費者信用法典(UCCC=Uniform Consumer Credit Code)とは

統一消費者信用法典(UCCC=Uniform Consumer Credit Code)とは
統一消費者信用法典(UCCC=Uniform Consumer Credit Code)は米連邦政府が、1968年に制定(1974年改訂)した模範法です。各州単位でまちまちなsmall loan law(小口金融法)にとって代わるものとして制定したものです。販売信用と消費者金融の全分野を包括した内容となっています。「ユー・トリプルシー」ともいいます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「と」から始まる金融用語解説

統一経理基準(accounting standard of banks)とは

統一経理基準(accounting standard of banks)とは
統一経理基準(accounting standard of banks)は「業務運営に関する基本事項」に係る旧大蔵省通達に含まれている、金融機関について定められた経理上の基準をいいます。@金融機関の毎期の収益の実態を公表利益に反映させること、A経営責任の明確化、B適正な競争原理の導入、等を目的とし、まず銀行等に1967(昭和42)年9月期に設定されました。内容は、貸出金等資産の償却方法、各種引当金の繰入基準と方法などから成りますが、基準は実体に合わせて変更されています。なお、消費者信用業界では、業種によって、経理処理の特殊事業が存在します。このため、同一業種については、同一の基準に従って経理処理を行なおうということで、信販業界では、1980年代末に一応の統一経理基準がまとめられました。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「と」から始まる金融用語解説

トイチ('toichi' finance)とは

トイチ('toichi' finance)とは
@違法高金利業者の中でも、短期に弁済を受ける形式のものの総称です。「10日に1割」の金利がつくことから「トイチ」と呼ばれましたが、実際には10日に3割、5割の金利を取るものが多いです。債務者は10日ごとに弁済を要求されるため、どのくらい金利を負担しているかわからなくなります。A貸金業登録をしたうえで違法行為を行なう悪質業者の登録が「都(1)」で始まるものが多いため、登録違法業者の総称として「トイチ」と呼ばれます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「と」から始まる金融用語解説

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。