キャッシュローン(cash loan)とは

キャッシュローン(cash loan)とは
キャッシュローン(cash loan)は販売金融(販売信用)(sales finance)に対する用語で、現金を直接貸し付けることです。狭義の消費者金融と同義語です。

関連ワード>販売信用
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(1) | 「き」から始まる金融用語解説

キャッシングサービス(cashing service)とは

キャッシングサービス(cashing service)とは
キャッシングサービス(cashing service)はクレジットカード会員などに対して行なう小口の即時融資のことです。「キャッシングサービス」というのは日本の銀行系クレジットカード業界の造語で、正しくは「キャッシュアドバンス」(cash advance)といいます。なお、クレジットカードでは、通常「キャッシング」はマンスリークリアの一括払いを、「ローン」はリボルビング、元利金等の分割払いをさします。キャッシングの場合、金利は25%〜29.2%です。ローンでは12%〜18%位になります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「き」から始まる金融用語解説

教育ローン(educational loans)とは

教育ローン(educational loans)とは
教育ローン(educational loans)は本人またはその指定の教育資金に目的を限定したローンのことです。一般に「入学ローン」が、大学等への「入学金」を資金使途にしているのに対し、教育ローンは受験に関する一切の費用を融資するなど対象範囲が広いです。「学資ローン」という表現を用いる場合もあります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「き」から始まる金融用語解説

行政機関の保有する電子計算機処理に係る個人情報の保護に関する法律(the Protection Law for computer-proccessing personal data hold by Administratibe Organizations)とは

行政機関の保有する電子計算機処理に係る個人情報の保護に関する法律(the Protection Law for computer-proccessing personal data hold by Administratibe Organizations)とは
行政機関の保有する電子計算機処理に係る個人情報の保護に関する法律(the Protection Law for computer-proccessing personal data hold by Administratibe Organizations)は略して「行政機関個人情報保護法」といいます。日本では初めての個人データ保護の法律です。1988(昭和63)年制定、1989年施行されました。当初は、@ファイルの保有制限(保有目的の特定)、A安全・正確性保持の努力義務、B総務庁への事前通知(ファイルの名称、目的、記載項目など)、C個人情報ファイル簿の作成・閲覧(各行政機関がその保有分について)、D個人情報ファイルの官報公示(総務庁が各機関分を一括し、少なくとも年1回)、E利用・提供の制限(目的外利用の原則禁止)、F地方公共団体・特殊法人の努力義務、が主な内容です。これには開示請求権や訂正権が盛り込まれていませんでしたが、1990(平成2)年、「開示請求権」と「訂正権」を盛り込んだ形で改正されました。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「き」から始まる金融用語解説

行政管理庁プライバシー保護研究会の5原則(the 5 Principles of Privacy Comittee in Administrative Management Agency)とは

行政管理庁プライバシー保護研究会の5原則(the 5 Principles of Privacy Comittee in Administrative Management Agency)とは
行政管理庁プライバシー保護研究会の5原則(the 5 Principles of Privacy Comittee in Administrative Management Agency)は1980(昭和55)年にOEDCから「プライバシー保護8原則」についての法整備を推進するよう勧告を受けた日本政府は、1982(昭和57)年に行政管理庁の「プライバシー保護研究会」がまとめたものです。
@収集制限の原則…個人データの収集に際しては、収集目的を明確にするとともに、収集するデータの内容も収集目的の達成に限定されるべきである。また、データの収集は適法かつ更生な手段によらなければならない。
A利用制限の原則…個人データの利用は、原則として収集目的の範囲内に限定すべきである。
B個人参加の原則…個人が自己のデータの存在および内容を知ることができ、かつ必要な場合には、そのデータを訂正させることができるなどの手段を保証すべきである。
C適正管理の原則…収集・蓄積した個人データは、正確かつ最新なものとして管理するとともに、その紛失、破壊、改ざん、不当な流通等の危険に対して合理的な安全保護措置を講じるべきである。
D責任明確化の原則…プライバシーの保護に関して、データ管理者等が負わなければならない責任の内容を明確にする必要がある。
が、5原則の内容です。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「き」から始まる金融用語解説

強制和議(compulsory composition)とは

強制和議(compulsory composition)とは
強制和議(compulsory composition)は破産宣告後、破産債権者と破産者との協定で、配当以外の弁済方法を定めて破産手続きを終結させる制度のことです。破産法に規定があり、債権者集会に出席した債権者の過半数で、かつ届出権の4分の3以上の同意があれば可決されます(同法306条)。不服のある少数債権者を拘束することから、強制和議といわれます。2003(平成15)年の破産法改正では、この制度自体が廃止される方向です。

関連ワード>個人破産
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「き」から始まる金融用語解説

強制退会(pre-empt;compulsory withdrawal)とは

強制退会(pre-empt;compulsory withdrawal)とは
強制退会(pre-empt;compulsory withdrawal)は不払い・不正使用、その他の理由などによりカード発行会社側がカード会員から会員資格を取り上げ、強制的に退会させることをいいます。除名、強制脱会と呼ぶ場合もあります。pre-emptは解約に先立って、未払い残高をゼロ(empty)にさせることから生じた特殊用語です。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「き」から始まる金融用語解説

強制執行(compulsory execution)とは

強制執行(compulsory execution)とは
強制執行(compulsory execution)は確定判決などの債務名義に表示された私法上の請求権を、強制的に実現させる裁判手続きの事をいいます。民事執行法第2章に規定があり、金銭債権についての強制執行と、金銭債権以外の債権についての強制執行に大別されます。前者は@不動産に対する強制執行、A船舶に対する強制執行、B動産に対する強制執行、C債権・その他の財産権に対する強制執行、に区別され、@はさらに強制競売と強制管理に分けられます。担保権の実行としての競売は強制執行に関する規定がほとんど準用されますが、債務名義を必要とせず、また強制管理が認められない点で異なります。

関連ワード>債務名義
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「き」から始まる金融用語解説

強行規定(forcible provisions)とは

強行規定(forcible provisions)とは
強行規定(forcible provisions)は公の秩序維持の観点から当事者の意思にかかわりなく適用される規定をいいます。当事者間の契約内容が優先し排除される規定を任意規定というのに対します。公法上の規定の多くや私法上でも親族・相続、物権、会社など第三者の利害に関するものは強行規定であることが多いです。

関連ワード>任意規定
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「き」から始まる金融用語解説

給与所得者等再生とは

給与所得者等再生とは
給与所得者等再生は小規模個人再生とともに、民事再生法に定める個人再生手続の1つです。給与所得者や自営業者などを対象とします。住宅ローンを除く借入債務の総額が3000万円以下で給与または定期的な収入を得る見込みがあり、その額の変動の幅が小さいと見込まれることが要件です(民事再生法239条、221条)。

関連ワード>個人再生、小規模個人再生、民事再生
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「き」から始まる金融用語解説

休眠口座(sleeping account;dormant account)とは

休眠口座(sleeping account;dormant account)とは
休眠口座(sleeping account;dormant account)は銀行やクレジットカード会員の口座のうち、現実には預金の出し入れや、カードの利用実績がない顧客の口座のことをいいます。

関連ワード>睡眠口座
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「き」から始まる金融用語解説

休眠会員(sleeping member)とは

休眠会員(sleeping member)とは
休眠会員(sleeping member)はクレジットカード会員になっているものの、現実にはカードをまったく利用しない顧客のことをいいます。

関連ワード>睡眠会員
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「き」から始まる金融用語解説

求償権(recourse;right of demanding compensation)とは

求償権(recourse;right of demanding compensation)とは
求償権(recourse;right of demanding compensation)は他人が負担すべき出捐(金銭の交付)をした者がその他人に対して償還を請求する権利のことです。保証人や連帯債務者の1人が債務の弁済をした場合に主たる債務者や他の連帯債務者に対して償還を請求する場合が一般的です。法律の定め(民法460条)や特約により、主たる債務者に一定の事由が生じた場合に、保証人としてあらかじめ求償できる事前求償権の例も実務上少なくありません。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「き」から始まる金融用語解説

救済更生事業団(JCFA救済更生事業団)とは

救済更生事業団(JCFA救済更生事業団)とは
救済更生事業団(JCFA救済更生事業団)はJCFA(日本消費者金融協会)が多額(重)債務者の救済のために1980(昭和55)年に約2億円の基金で設立した相談機関です。やむをえない事情により返済不能に陥り、かつ更生意欲のある債務者に無利子で肩代わり融資をするほか、カウンセリングなど幅広い救済活動を行なっています。

関連ワード>JCFA
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「き」から始まる金融用語解説

キャンセルナンバー(cancellation number)とは

キャンセルナンバー(cancellation number)とは
キャンセルナンバー(cancellation number)はカード会社がホテルやレンタカー会社に対してギャランティ・リザベーション(予約保証)などをしている場合、この予約をカード会員がキャンセルした時に、ホテルやレンタカー会社から受け取るキャンセルを証明する番号のことです。キャンセルナンバーを取っていれば後日の請求トラブルを避けることができます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「き」から始まる金融用語解説

キャンセル伝票(‘cancel’slip;‘cancel’voucher)とは

キャンセル伝票(‘cancel’slip;‘cancel’voucher)とは
キャンセル伝票(‘cancel’slip;‘cancel’voucher)はクレジットカードが利用された後、その取引をキャンセルするために作成される伝票のことです。赤字で金額を記入したり、あるいは伝票そのものが赤地の場合があるので、「赤伝」と呼ばれることもあります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「き」から始まる金融用語解説

キャンセル(cancel;rescission)とは

キャンセル(cancel;rescission)とは
キャンセル(cancel;rescission)は一度締結した契約を破棄することです。契約の解除は民法540〜547条で定められています。

関連ワード>契約の解除
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「き」から始まる金融用語解説

CALS(キャルス)(commerce at light speed)とは

CALS(キャルス)(commerce at light speed)とは
CALS(キャルス)(commerce at light speed)はコンピュータ支援による兵站(へいたん)管理運用のシステムです。1980年代末に組織ができ、90年代にはヨーロッパにも広がりました。本来は軍事部門の情報システムとして開発されたものですが、今日では標準化と情報統合技術を用い、装備品などの設計・開発生産・調達・管理・後方支援など商品のライフサイクル全般に関して、経費削減・リードタイム短縮・品質向上を目指す官民一体の戦略的アプローチです。管理コスト・時間・品質向上を図るうえで注目されているシステムの1つです。なお、CALSとは旧通産省が「生産・調達・運用支援統合情報システム」と意訳した頭文字であり、英語の正式表記はcomputer aided logistic support(1985年)、computer-aided acquisition and logistic support(1989年)、continuous acquistion and lifecycle support(1993年)、commerce at light speed(1995年)と、用途概念の変化に合わせて変遷しています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「き」から始まる金融用語解説

CAFISセンター(CAFIS Center)とは

CAFISセンター(CAFIS Center)とは
CAFISセンター(CAFIS Center)はNTTデータ通信梶i旧日本電信電話公社、現劾TTデータ)が、1984(昭和59)年に開設した、クレジットカードの売上処理と決済のためのネットワークセンターのことです。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「き」から始まる金融用語解説

CAFIS(キャフィス)システム(credit and finance information system)とは

CAFIS(キャフィス)システム(credit and finance information system)とは
CAFIS(キャフィス)システム(credit and finance information system)はクレジットカード業界のCATシステム向けに、NTTデータ通信梶i現劾TTデータ)が開発、運用している通信ネットワークのことです。1984(昭和59)年に開始されました。クレジットのオーソリゼーションのほか、銀行POS企業内のCDサービスなどをサポートしています。クレジットのオーソリゼーションの場合、各加盟店の信用照会端末(CAT)から入力された情報は、電話回線を通じてCAFISに入り、そこから各クレジットカード会社のコンピュータに送信、処理され、その結果が加盟店の端末に配信されます。この信用照会端末は日本クレジットカード協会(JCCA)が仕様を設定し、事実上の標準化が図られてきました。

関連ワード>カードネットワーク、JCCA
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「き」から始まる金融用語解説

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。