大店立地法(大規模小売店舗立地法)(Law concerning the Measures by Large-scale Retail Store for Preservation of Living Environment)とは

大店立地法(大規模小売店舗立地法)(Law concerning the Measures by Large-scale Retail Store for Preservation of Living Environment)とは
大店立地法(大規模小売店舗立地法)(Law concerning the Measures by Large-scale Retail Store for Preservation of Living Environment)は2000(平成12)年6月に施行されました。これまでの中小小売店の事業機会の確保を目的とした大規模小売店法(大店法)に代わり、大型店舗(1000u以上)の出店に際しては、「施設の立地による環境への影響」を審査基準とし、交通渋滞や交通安全、騒音・排気ガス、廃棄物などを調査対象としています。「都市計画法」の改正および「中心市街地活性化法」の制定とあわせて、「街づくり三法」と呼ばれます。

関連ワード > 大規模小売店舗法(大店法)
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「た」から始まる金融用語解説

大数の法則(law of large numbers)とは

大数の法則(law of large numbers)とは
大数の法則(law of large numbers)は確率論の基本法則の1つです。ヤコブ・ベルヌーイ(Jakob Bernoulli; スイスの数学者)が1713年「推測論」の中で定式化しました。確立計算の母集団が大きくなれなるほど、ある現象の起こる割合(統計的確立)は一定の割合に収斂(しゅうれん)してくるという法則です。保険料率算定の要素である事故発生率や、クレジットビジネスのリスク管理における貸倒れ発生率も、この法則から導かれるとされます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「た」から始まる金融用語解説

貸借対照表(balance sheet)とは

貸借対照表(balance sheet)とは
貸借対照表(balance sheet)はある一定時点(通常は決算期末)における企業の財務内容を示す計算書です。損益計算書とともに、財務諸表の基本をなしています。左側の資産(assents)の部(または借り方=debitともいいます)と、右側の負債・資本(liability&shareholders' equity)の部(貸し方=credit)から成っています。

関連ワード > 損益計算書
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「た」から始まる金融用語解説

第三者割当て(allocation of new shares to third party)とは

第三者割当て(allocation of new shares to third party)とは
第三者割当て(allocation of new shares to third party)は株主以外の特定の者(発行会社の役員、従業員、取引先、親会社など)に一定数の新株引受権を与え、その上でそれらの人々に新発行株式の募集を行なう方法で、有償増資の1つです。取引先の関係金融機関等との関係強化や系列化等の目的で特定の者に株式を割り当てるものです。商法上、発行価額が時価より特に有利である時は、株主総会の特別決議による承認が必要です。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「た」から始まる金融用語解説

第三者弁済(third person's repayment)とは

第三者弁済(third person's repayment)とは
第三者弁済(third person's repayment)は主債権者以外の第三者が主債権者に代わって債務を弁済することです。一般的な第三者は債権者および債務者の反対の意思表示がない場合、また、利害関係のない第三者は債務者の意思に反しない場合に弁済することができます(民法474条)。弁済をした第三者は債権者の承諾を得て債権者に代位することができます(同法499条)。保証人や物上保証人(担保提供者)が弁済した場合は当然債権者に代位する点で異なります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「た」から始まる金融用語解説

第三債務者(garnishee)とは

第三債務者(garnishee)とは
第三債務者(garnishee)はある債権関係の債務者に対して、債務を負担する者のことをいいます。取引先の債権者からその取引先の預金(債権)を差し押さえられた場合の銀行がそれに当たります(民法481条、511条、民事執行法144条2項)。質権の設定された債権の債務者も同様です(同法364条1項、367条3項)。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「た」から始まる金融用語解説

代行カード(credit card issued by the agent)とは

代行カード(credit card issued by the agent)とは
代行カード(credit card issued by the agent)は百貨店などは小売業者が、信販会社、銀行系クレジットカード会社などに代行発行させる自社ブランドのクレジットカードです。会員募集は百貨店が行なうが、与信、回収など一切の業務は代行発行者の責任で行ないます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「た」から始まる金融用語解説

大規模小売店舗法(大店法)(Large-Seale Retailer Store Law)とは

大規模小売店舗法(大店法)(Large-Seale Retailer Store Law)とは
大規模小売店舗法(大店法)(Large-Seale Retailer Store Law)の正式名称は「大規模小売店舗における小売業の事業活動の調整に関する法律」です。略称は大店法です。1973(昭和48)年制定、1974年3月に施行しました。中小商店を保護する目的で大型店の新規出店を規制した法律です。一定規模(政令指定都市では第1種の場合に3000u、その他の都市では1500u)以上の大型小売店を出店する場合には、「店舗面積」「開店日、休業日数、閉店時間」などについて旧通産大臣または知事が調整し、勧告や命令を出すことになっていました。1989(平成元)年には、日米構造協議で米国側のテーマの1つとして取りあげ、同法の緩和を巡って国際問題に発展しました。そのため政府は1990年代に入って段階的に緩和を実施、1992(平成4)年から、大規模店舗の出店は事実上自由化され、2000(平成12)年6月、大店立地法の施行に伴い廃止されました。

関連ワード > 大店立地法
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「た」から始まる金融用語解説

代位弁済(payment in subrogation; subrogated performance)とは

代位弁済(payment in subrogation; subrogated performance)とは
代位弁済(payment in subrogation; subrogated performance)は第三者や共同債務者の1人が債権者に弁済することにより、求償権確保のため債権者が債務者に対して有していた権利が弁済者に移転することを弁済による代位といい、このように代位を伴う弁済を代位弁済といいます。保証人や物上保証人など弁済をするについて正当な利益を有する者が弁済をする法定代位(民法500条)と、それ以外の者が債権者の承諾を得て弁済をする任意代位(民法499条)とがあります。代位弁済者は、求償権の範囲で債権者の有する担保権など一切の権利を行使することができます(同法501条)。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「た」から始まる金融用語解説

ターゲットマーケティング(target marketing)とは

ターゲットマーケティング(target marketing)とは
ターゲットマーケティング(target marketing)はダイレクトマーケティングともいいます。マーケティング活動の対象顧客母集団を、事前に一定条件の下に絞り込むことです。「狙いを定めたマーケティング」という意味から、ターゲット・マーケティングと呼ばれます。

関連ワード > ダイレクトマーケティング
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「た」から始まる金融用語解説

短期国際カード(temporary international credit card)とは

短期国際カード(temporary international credit card)とは
短期国際カード(temporary international credit card)はかつて日本のカード会社が、会員の希望に応じて短期的に有料で発行していた海外旅行用のクレジットカードです。現在では、大半の銀行系クレジットカードは国内外共用になっています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「た」から始まる金融用語解説

短期金利/長期金利(short term rate of interest/long term rate of interest)とは

短期金利/長期金利(short term rate of interest/long term rate of interest)とは
一般に期間1年未満の金融取引を行なう際に適用される金利を短期金利、同1年以上の場合を長期金利といいます。短期金利としては、日本銀行が市中金融機関に貸出を行なう際に適用する公定歩合や、市中金融機関相互の取引におけるコールレート、手形金利などのほか、市中金融機関と一般企業との取引における短期プライムレート、現先レート、譲渡性預金(CD)金利等があります。長期金利としては、国が債権(国債)を発行する際のクーポンレートや、同流通利回り、市中金融機関と一般企業との長期取引に用いられる長期プライムレート等があります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「た」から始まる金融用語解説

短期金融市場(short term money market)とは

短期金融市場(short term money market)とは
短期金融市場(short term money market)は短期(通常は1年未満)の金融貸借が行なわれる金融市場です。これには、銀行を中心とした金融機関で構成されるコール市場、手形市場のほか、事業法人や大口投資家等非金融機関も参入可能なオープン市場としてCD市場、CP市場、債権現先市場、FB市場、TB市場が含まれます。そこでは自由な金利形成が行なわれており、また中央銀行が直接、間接に参加し、金融調節を実行する場合もあります。

関連ワード > 金融調節
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「た」から始まる金融用語解説

短期間キャッシング(short casing; short-term cashing)とは

短期間キャッシング(short casing; short-term cashing)とは
短期間キャッシング(short casing; short-term cashing)は短期間(多くは5営業日以内)のキャッシングサービスのことをいいます。クレジットカード会社の提携しているCDやATMからカードを使って自動的に融資が受けられます。通常のクレジットカードのキャッシング金利(翌月一括返済)に比べ、金利(手数料)負担は少額となります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「た」から始まる金融用語解説

ダブルカード(double-card; W-card)とは

ダブルカード(double-card; W-card)とは
ダブルカード(double-card; W-card)はクレジットカード会社と小売店の提携カードの一種です。「コ・ブランドカード」ともいいます。例えば、Aカード会社がB小売店のブランドで代行カードを発行する際に、そのカードの券面にAカード会社のマークを入れることにより、そのカード会員はB小売店の系列店舗だけでなく、Aカード会社の加盟店でもそのカードが使えるというものです。

関連ワード> 提携カード
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「た」から始まる金融用語解説

諾成的金銭消費貸借契約(consensual contract of loan)とは

諾成的金銭消費貸借契約(consensual contract of loan)とは
諾成的金銭消費貸借契約(consensual contract of loan)は当事者の合意だけで成立する金銭消費貸借契約のことです。金銭消費貸借は本来、金銭の交付によって成立する要物契約ですが、カードローンのように一定の限度額内で貸し付け、返済するという合意だけの契約がこれに当たります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「た」から始まる金融用語解説

担保余力(net worth of collateral)とは

担保余力(net worth of collateral)とは
担保余力(net worth of collateral)は担保の目的物の評価額と、担保設定額または被担保債権額との差額をいいます。担保余力がある場合は、債務者はさらにその目的物を他の借入れのための担保とすることができます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「た」から始まる金融用語解説

担保物権(property rights as collateral)とは

担保物権(property rights as collateral)とは
担保物権(property rights as collateral)はその目的物の交換価値によって債権者の債権を担保することを目的とする物件をいいます。目的物の使用収益を目的とする地上権や地役権などの用益物権に対するものです。民法に規定のある先取特権、留置権、質権および抵当権のほか、仮登記担保法による仮登記担保、判例による譲渡担保などがあります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「た」から始まる金融用語解説

担保制度(security right system)とは

担保制度(security right system)とは
担保制度(security right system)は担保権者が担保の目的物に関して、他の債権者に優先して弁済を受けることができる制度です。債権者が複数の場合は、債権発生や差押さえの順序に関係なく、それぞれの債権額に応じて平等に債務者の財産から弁済を受けるのが原則(債権者平等の原則)ですが、担保権者は担保の目的財産について優先弁済権を有し、その優先順位は担保権の設定の順位によります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「た」から始まる金融用語解説

担保権の実行(exercise of security right)とは

担保権の実行(exercise of security right)とは
担保権の実行(exercise of security right)は担保権者が担保権を行使し、目的物から債権の回収を図ることをいいます。例えば、抵当権者は裁判所に抵当物件の競売を申し立て、その売却代金から配当を受けることにより債権を回収します(民事執行法181条以下)。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「た」から始まる金融用語解説

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。