担保権者(mortgagee)とは

担保権者(mortgagee)とは
担保権者(mortgagee)は抵当権や質権などの担保権を有する債権者のことです。担保権者は担保の目的物から、一般債権者よりも優先的に弁済を受けることができます(優先弁済権)。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「た」から始まる金融用語解説

立替払い(third party credit)とは

立替払い(third party credit)とは
立替払い(third party credit)はクレジットを利用して商品を購入した時に、クレジット会社が消費者の委託により、消費者に代わって加盟店にその代金を支払うことです。代金から加盟店手数料を差引いて支払われます。

関連ワード > 個品割賦購入あっせん
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「た」から始まる金融用語解説

多重債務者(multiplex amounted debtor)とは

多重債務者(multiplex amounted debtor)とは
多重債務者(multiplex amounted debtor)は本人の返済能力を超えて、複数の業者から借金をしている債務者のことです。既借入金の元利支払いのため、他の業者から追加借入れをすることによって、多重債務に陥ることが多いです。

関連ワード > 多額債務者
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「た」から始まる金融用語解説

他社債権一括購入(bulk purchase of finance receivable)とは

他社債権一括購入(bulk purchase of finance receivable)とは
他社債権一括購入(bulk purchase of finance receivable)は他社からローン、クレジットなどの債券を一括購入することです。一般に日本では、営業債権を第三者に売却しようとするクレジット会社(ローン会社を含みます)は、資金繰りが行き詰っていたり、経営規模の縮小を図っている企業が多いです。このような企業から債権をまとめて購入する際には、債権内容の審査を慎重に行なう必要があるとされます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「た」から始まる金融用語解説

訴状(petition; written complaint)とは

訴状(petition; written complaint)とは
訴状(petition; written complaint)は訴えを起こす際、第一審裁判所に提出する書面のことです。提起の方式は書類によることを要するとされ、簡易裁判所においてのみ口頭による訴提起が許されています。訴状には当事者、法定代理人、請求の趣旨および原因を記載し、相当額の収入印紙を貼付する必要があります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「た」から始まる金融用語解説

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。