デフレーター(deflator)とは

デフレーター(deflator)とは
デフレーター(deflator)は国民所得統計の名目値(時価表示)を実質値(不変価格表示)に換算するために用いる物価指数です。インフレで膨らんだ名目値を元に戻す(デフレート)することからこう呼ばれます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

デフレーション(deflation)とは

デフレーション(deflation)とは
デフレーション(deflation)は通貨収縮のことです。商品の取引量に比べて通貨量が減少するために起こる物価下落現象のことです。略してデフレといいます。

関連ワード > インフレーション(inflation)
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

デフォルト(default)とは

デフォルト(default)とは
デフォルト(default)は公社債の元利支払いが遅延したり、元本の償還が不能となることをいいます。発行会社が経営不振に陥り事実上倒産することにより発生します。この場合、債務者や第三者に「デフォルト宣言」を通知すると、債務者は期限の利益を失い、債務者は債権の保全措置を講じることができます。また、消費者信用で「デフォルト」という場合は、一般的には、借入金の返済や金利支払いが不能となることをいいます。

関連ワード > 期限の利益
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

デファクト・スタンダード(de facto standard)とは

デファクト・スタンダード(de facto standard)とは
デファクト・スタンダード(de facto standard)はISOや日本工業規格などの標準化機関によってではなく、市場での競争を通して決められる「事実上の標準」のことです。公的標準化は、策定に時間を要するので、先端産業などでは業界で自主的に標準化を進める必要があり、デファクト・スタンダードが作られます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

デビットカード(debit card)とは

デビットカード(debit card)とは
デビットカード(debit card)は即時決済カードのことです。買い物などの利用代金がその都度即時に(または2〜3日後に)、利用客の銀行口座から引き落とされる仕組みのカードです。1980年代の米国では、預金引出し用のキャッシュカード(アクセスカード)やキャッシュカードとクレジットカードの複合カードを「デビットカード」と呼んでいましたが、1990年代に入ってからは、「短期間(2〜5日)で銀行口座から自動振替決済されるクレジットカード」もしくは「買い物時点で、即時にカード代金が、預金口座から引き落とされるカード」をいうようになっています。日本では2000年3月から本格稼動が始まりました。

関連ワード > Jデビット
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

デノミネーション(denomination)とは

デノミネーション(denomination)とは
デノミネーション(denomination)は通貨の単位を切り下げることです。インフレで通過の表示金額が大きくなりすぎた場合などに、新しい単位に切り替えることです。略してデノミといいます。和製用法で、英語では単に名称、呼び名のことです。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

手付金(earnest money)とは

手付金(earnest money)とは
手付金(earnest money)は不動産などを購入する際に、購入希望者が、正式契約の前に部分的に支払う金銭のことです。通常、「手付金」が支払われた場合、購入希望者が、その後購入をやめるに際しては手付金を放棄することになります。一方、売り主側から売却中止を行なう場合は、「倍返し」を行なう習慣になっています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

デジタル通信(digital communications)とは

デジタル通信(digital communications)とは
デジタル通信(digital communications)は従来、アナログ方式(例えば音声)で行なっていた通信を、0と1の2つの信号の組合せに変換して送る通信方法です。装置を単純化、経済化できるだけでなく、さまざまな応用技術が可能になります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

デジタル署名(digital signature)とは

デジタル署名(digital signature)とは
デジタル署名(digital signature)はデジタル文書上で、間違いなく本人であることを証明するための電子的なサインです。インターネットでは、なりすましを防止するために暗号化されたデジタル書名が用いられます。発信者のみが知る秘密鍵で暗号化され、公開されている発信者の公開鍵で複合されることにより、本人であることが証明されます。

関連ワード > 電子証明書、電子認証
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

滌除(てきじょ)(purge)とは

滌除(てきじょ)(purge)とは
滌除(てきじょ)(purge)は抵当不動産の第三取得者の地位を保護し、抵当不動産の取引を円滑にしようとする制度です。抵当不動産の所有権・地上権・永小作権を得た第三者が、抵当権者に一定の金額を提供して抵当権を消滅させることです(民法378条、387条)。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

手形割引(discounting of bill)とは

手形割引(discounting of bill)とは
手形割引(discounting of bill)は商品の購入代金等が手形によって決済された場合、手形の受取人はこの手形(商業手形等)を満期まで保有せず、銀行(ないし手形割引業者)に割引料を支払ったうえで買い取ってもらうことができます。こうした銀行の信用供与の方法を「手形割引」といい、割り引いた手形を「割引手形」といいます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

手形要件(essential conditions of a bill)とは

手形要件(essential conditions of a bill)とは
手形要件(essential conditions of a bill)は手形効力を持つための必要記載事項です。為替手形の手形要件は、@為替手形の文字、A一定金額を支払うという単純なる委託、B支払人(金融機関)の名称、C満期の表示、D支払地(金融機関所在地)、E支払を受ける者の名称、F手形振出日および振出地の表示、G手形振出人の記名捺印または署名の8項目(手形法1条)です。約束手形の手形要件は、@約束手形の文字、A一定金額を支払うという単純なる約束、B満期の表示、C支払地の表示、D支払を受ける者(受取人)の名称、E手形振出日、振出地、F手形振出人の記名捺印または署名(手形法75条)の7項目です。手形要件の記載を欠いている手形は、@満期の記載のないものは「一覧払い」のものとみなす、A振出地は特別の表示がない限り、これを支払地にしてかつ、振出人の住所地であるとみなす、B振出地の記載のない手形(為替手形、約束手形)は、振出人の名称に附記した地において振り出したものとみなす、の3項目を除き、効力を有しません(手形法76条)。なお、手形要件の記載が未完成の手形のことを「白地手形」といいますが、未完成で振り出した手形に、当初の約束と異なる内容の補充をされた場合でも、所持人が悪意、または重大なる過失で手形を取得した場合以外は、振出人は所持人に対抗できません。

関連ワード > 白地手形
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

手形法(Bills of Exchange Law)とは

手形法(Bills of Exchange Law)とは
手形法(Bills of Exchange Law)は1932(昭和7)年制定、1934(昭和9)年施行、1981(昭和56)年改正の手形に関する法律です。第1編為替手形(1条〜74条)、第2編約束手形(75条〜94条)から成り、「手形要件」、「利息の約定」、「白地手形」、「裏書の担保能力」、「満期の種類」、「休日」、「時効」などが規定されています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

手形不渡り(dishonour of bill)とは

手形不渡り(dishonour of bill)とは
手形不渡り(dishonour of bill)は振り出された手形が、満期に手形交換所で決済されずに、振込み銀行に戻されることです。6ヵ月以内に、不渡り手形を2回出した企業は、取引停止処分を受けます。ただし、手形裏書人はこの処分の対象にはなりません。取引停止処分になると、2年間は手形交換所参加銀行との当座取引および貸出取引が禁止されます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

手形の満期(due date of bills)とは

手形の満期(due date of bills)とは
手形の満期(due date of bills)については手形法33条および77条で、@一覧払い(持参した時点での即時払い)、A一覧後定期払い(持参後の一定期日の支払い)、B日附後定期払い(満期の日付後の一定期日の支払い)、C確定日払い(約定期日の支払い)の4種類となっており、これ以外の満期や分割払いの手形は無効とされています。満期日を含めて3日以内(呈示期間)に当該手形を銀行に呈示すると、手形に記載された金額が、振出人の当座勘定から支払われます。

関連ワード > 手形法
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

手形所持人(bill bearer; bill holder)とは

手形所持人(bill bearer; bill holder)とは
手形所持人(bill bearer; bill holder)は手形を事実上占有するものをいいます。裏書の連続があれば、適法な所持人とみなされます(手形法16条1項)。正当に支払いを受ける権利のある手形所持人を「手形の正当所持人(holder in due course)」といいます。

関連ワード > 善意の第三者
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

手形交換所(clearing house)とは

手形交換所(clearing house)とは
手形交換所(clearing house)は金融機関が受入れた手形・小切手を、互いに持ち寄って決済する機関です。全国主要都市に手形交換所があります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

手形貸付(loan on bills)とは

手形貸付(loan on bills)とは
手形貸付(loan on bills)は借り手(振出人)に、銀行(貸出人)を受取人とする約束手形を振り出させて金銭を貸し付ける方法です。こうした手形は通常裏書人がないため、単名手形(single name paper)と呼ばれます。証書貸付の場合は、債務不履行の際、催告やさらには債務名義の取得などの手続きが必要ですが、手形貸付の場合は、こうした手続きの前に、手形交換所における「不渡り」、それに伴なう「取引停止処分」などの制裁手段があるため、債務者(手形振出人)の返済に対する姿勢が真剣になるという心理的効果があります。また、わが国における手形貸付は伝統的に「利息先払い」の形式がとられているため、貸し手が受け取る実質金利は、表面上の約定金利よりかなり高くなる場合が多いです。なお、手形の振出人に対する手形金の請求権の時効は満期日から3年となっています。

関連ワード > 債務名義
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

手形(bill; draft; promissory note)とは

手形(bill; draft; promissory note)とは
手形(bill; draft; promissory note)は一定金額の金銭支払いを目的とする有価証券のことです。海外取引など遠隔地間の送金・決済のために振出人が金融機関に対して一定金額の支払いを委託する「為替手形」(bill of exchange)と、振出人が一定金額を一定の時期に一定の場所で支払うことを約束する「約束手形」(promissory)とがあります。

関連ワード > 小切手
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

データマイニング(date mining)とは

データマイニング(date mining)とは
miningとは「採掘」の意味ですが、データマイニング(date mining)はデータウェアハウスに蓄積された大量のデータを分析し、そのなかに潜む項目間の相関関係やパターンなどを探し出す技術や手法のことです。情報技術の向上により潜在的な顧客ニーズや購買パターンが解析されるようになり、営業活動などに利用されています。

関連ワード > データウェアハウス
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。