遅延損害金(delinquecy charges)とは

遅延損害金(delinquecy charges)とは
遅延損害金(delinquecy charges)は支払期限に遅延した場合に、損害賠償として法律上当然に支払うべき金員です。法的には、「債務の不履行による賠償額の予定」(利息制限法4条)といいます。遅延損害金は、契約金利が利息制限法の範囲内の金銭消費貸借に対して認められている概念です。その上限金利は、利息制限法の法定金利(年15%〜20%)の1.46倍以内です。なお、信用販売(個品割賦など)における遅延損害金(割増金利)の上限は割賦販売法で年6%(法定利率)と定められています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「ち」から始まる金融用語解説

チェックデジット(check digit)とは

チェックデジット(check digit)とは
チェックデジット(check digit)はクレジットカードの会員番号が正しいかどうかをチェックするために、会員番号に組み込まれている、特別な暗号式により算出された数値をいいます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「ち」から始まる金融用語解説

地域通貨(community money)とは

地域通貨(community money)とは
地域通貨(community money)は特定の地域やグループ内で、サービスや物を循環させるために地域住民やグループ構成員が独自に発行する通貨です。エコマネーもその1つです。これに対し、国が発行する通貨を法定通貨といいます。

関連ワード > エコマネー
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「ち」から始まる金融用語解説

賃貸借契約(lease contract; hiring of things)とは

賃貸借契約(lease contract; hiring of things)とは
賃貸借契約(lease contract; hiring of things)は民法で定める典型契約の1つです。当事者の一方が、相手方にある物を使用させる代わりに、相手方から賃料を徴収することを約束した契約です(民法601条〜622条)。

関連ワード > 契約
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「ち」から始まる金融用語解説

陳述(statement; oral statement; allegation; assertion)とは

陳述(statement; oral statement; allegation; assertion)とは
陳述(statement; oral statement; allegation; assertion)は訴訟当事者または訴訟関係者が、裁判所に対して、その係争事件に関する事実上または法律上の状態について、自分の認識・判断を書面または口頭で述べることをいいます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「ち」から始まる金融用語解説

貯蓄預金(savings account; savings deposit)とは

貯蓄預金(savings account; savings deposit)とは
貯蓄預金(savings account; savings deposit)は流動性預貯金の1つです。1992(平成4)年6月に、預貯金金利完全自由化の実現を展望した流動性預貯金金利の自由化第1弾として導入されました。普通預金、通常貯金より金利は高い反面、公共料金やクレジットカードの購入代金などの自働引落しができないなど、決済機能に制限があります。1994(平成6)年10月から流動性預金金利が完全自由化されたのに伴ない、最低預入残高の多様化など各金融機関によって商品性の見直しもなされています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「ち」から始まる金融用語解説

貯蓄金融機関(thrift institution)とは

貯蓄金融機関(thrift institution)とは
貯蓄金融機関(thrift institution)は米国における、主として貯蓄預金を原資にモーゲージローン(不動産担保貸出)を提供する金融機関です。貯蓄貸付組合(S&L)、相互貯蓄機構、信用組合の総称です。

関連ワード > S&L
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「ち」から始まる金融用語解説

直接税(direct tax)とは

直接税(direct tax)とは
直接税(direct tax)は税金を納める者と実際に税金の負担者が一致する税金をいいます。所得税、法人税、相続税、固定資産税、事業税などがあります。

関連ワード > 間接税
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「ち」から始まる金融用語解説

直接金融(direct financing; direct loan)とは

直接金融(direct financing; direct loan)とは
直接金融(direct financing; direct loan)は金融機関を通さずに、最終的な借り手が最終的な貸し手から直接資金を調達することです。消費者信用で「直接金融」という場合は、販売信用(間接金融)に対する意味でキャッシュローン(金銭の貸付)を意味します。

関連ワード > キャッシュローン > 間接金融
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「ち」から始まる金融用語解説

貯金(savings)とは

貯金(savings)とは
貯金(savings)は預金と同義です。決済手段として、あるいは短・中期の貯蓄手段として、家計・企業等に幅広く保有されている代表的な金融資産です。「貯金」という用語は、農協・漁協および郵便局が受け入れた場合に用いられ、銀行・信金・信託等が受け入れた場合は、通常、「預金」と呼ばれます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「ち」から始まる金融用語解説

調停(concliation)とは

調停(concliation)とは
調停(concliation)は私法上の紛争について裁判所に申し立て、当事者の互譲により実情に即した解決を図る制度です。民事調停法による民事調停と、家事審判法による家事調停とがあります。いずれも当事者の合意による具体的妥当な紛争の解決手段として、訴訟に比べて迅速・簡易・低廉な手続きです。この合意の記載(調停調書)は裁判上の和解や確定した審判と同一の効力を有します。民事調停の特例として、特定調停の制度があります。

関連ワード > 特定調停、民事調停
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「ち」から始まる金融用語解説

長期プライムレート(長プラ)(long-term prime rate)とは

長期プライムレート(長プラ)(long-term prime rate)とは
長期プライムレート(長プラ)(long-term prime rate)は長期貸出金利(返済期限1年以上)のうち、最優遇先に適用される金利です。貸出機関が自主的に決定する建前になっていますが、長信銀、信託銀、保険会社が公表している最優遇金利は、利付金融債(5年)、貸付信託(5年)等の金利を勘案した上で、一定のマージンを上乗せて決定しており、事実上各機関とも均一のレートを採用していました。sかし、1989(昭和54)年半ば以降、長短金利の逆転現象が続き、資金調達・運用の逆鞘の危機にさらされたことから、1991(平成3)年4月以降、都銀などの多くは短期プライムレートをベースにスプレッドを上乗せして決定する新方式の長期プライムレートを相次いで採用しています。

関連ワード > プライムレート
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「ち」から始まる金融用語解説

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。