権利の濫用(abuse of rights)とは

権利の濫用(abuse of rights)とは
権利の濫用(abuse of rights)はある行為が外観上は権利の行使のようにみえますが、その行為が行なわれた具体的な状況と実際の結果に照らしてみて、法律上権利の行使と認めることは妥当でないと判断される場合をいいます。民法では、権利の濫用は許されないと規定します。(1条3項)宇奈月温泉事件はこの権利濫用の法理を初めて確立した事件として著名です(大審院判・昭和10.10.5)。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「け」から始まる金融用語解説

権利能力(capacity of rights)とは

権利能力(capacity of rights)とは
権利能力(capacity of rights)は権利・義務の主体となりうる資格のことをいいます。法的人格または法人格ともいいます。自然人と法人がこの権利能力を有します。自然人は出生により権利能力を取得し(民法1条の3)、法人は社団、財団が成立したときに権利能力を取得します(同法33条、43条)。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「け」から始まる金融用語解説

原本(the original;the priginal document)とは

原本(the original;the priginal document)とは
原本(the original;the priginal document)は作成者がある一定の内容を表示するために確定的なものとして作成した文書のことです。原本には、通常、作成者の署名押印があり、また、公文書の場合には法律上一定の場所に保存することを要求されることがあります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「け」から始まる金融用語解説

源泉徴収(withholding at source)とは

源泉徴収(withholding at source)とは
源泉徴収(withholding at source)は勤労所得や退職所得、利子、配当等から所定の所得税額を天引きする制度のことです。源泉徴収制度は1940(昭和16)年に、激増する戦費調達の採用されたものです。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「け」から始まる金融用語解説

建設国債(capital investment financing bond;construction bond)とは

建設国債(capital investment financing bond;construction bond)とは
建設国債(capital investment financing bond;construction bond)は財政法4条に基づき「公共事業費、出資金及び貸付金の財源」について、「国会の議決を経た金額の範囲内で、公債を発行しまたは借入金をなす」ために発行される国債のことです。

関連ワード>赤字国債
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「け」から始まる金融用語解説

懸賞付定期預金(fixed-term deposit with prize)とは

懸賞付定期預金(fixed-term deposit with prize)とは
懸賞付定期預金(fixed-term deposit with prize)は利用者の中から抽選で賞金や商品のあたる定期預金のことです。1994(平成6)年11月、城南信用金庫が「城南夢付き定期預金スーパードリーム」と名づけて取扱いを開始した商品がきっかけとなり、他の金融機関も相次いで同種の商品を販売しました。預金だけでなく、住宅ローンなどのローンに懸賞をつけているところもあります。懸賞金の上限は、「不当景品類及び不当表示防止法」によって当初5万円とされていましたが、景品規制の緩和により1996(平成8)年6月から10万円に引き上げられました。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「け」から始まる金融用語解説

検索の抗弁権(defence right of attachment)とは

検索の抗弁権(defence right of attachment)とは
検索の抗弁権(defence right of attachment)は保証人の有する抗弁権の1つで、保証人が債権者から請求を受けた場合に、保証人が、主たる債務者に弁済の資力があり、執行が容易なことを証明してその請求を拒否できる権利(民法453条)のことです。この場合債権者はまず主たる債務者の財産につき執行しなければなりません。催告の抗弁権(同法452条)とともに保証人を保護する制度ですが、この両抗弁権とも連帯保証人にはみとめられていません(同法454条)

関連ワード>連帯保証人
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「け」から始まる金融用語解説

現金引替販売(sale for cash on delivery)とは

現金引替販売(sale for cash on delivery)とは
現金引替販売(sale for cash on delivery)は現金と引き替えに商品を販売することです。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「け」から始まる金融用語解説

減価償却(depreciation)とは

減価償却(depreciation)とは
減価償却(depreciation)はわが国の税務・会計原則では、一定金額以上の有形資産(土地を除く)について、その一定の割合ずつを「毎年価値が減少する」ものとして、資産評価額を減じさせ、その減少分を費用に計上することを認めています。このような資産の減額評価のことをいいます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「け」から始まる金融用語解説

ゲルトカルテ(Geldkarte)とは

ゲルトカルテ(Geldkarte)とは
ゲルトカルテ(Geldkarte)はドイツの金融機関が1996年からスタートした電子マネーシステムのことです。

関連ワード>電子マネー
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「け」から始まる金融用語解説

月賦販売店(installment store)とは

月賦販売店(installment store)とは
月賦販売店(installment store)は月賦で家具、衣料、日用雑貨などを販売する小売店のことです。高度成功経済とともに次第に姿を消し、現在では大都市ではほとんど見当たりません。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「け」から始まる金融用語解説

月賦販売(monthly installment sales)とは

月賦販売(monthly installment sales)とは
月賦販売(monthly installment sales)は商品を月払いの分割返済で販売することです。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「け」から始まる金融用語解説

決済性預金とは

決済性預金とは
決済性預金は出し入れが自由で、主に決済口座として使われる預金のことです。当座預金や普通預金がそれに当たります。流動性預金、要求払預金ともいいます。定期性預金、固定性預金に対します。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「け」から始まる金融用語解説

決済手段(payment system;means of payment)とは

決済手段(payment system;means of payment)とは
決済手段(payment system;means of payment)は物やサービスを購入したあとの代金の支払方法のことです。現金での支払い、クレジットカードを提示しサインすることによる預金口座からの自動引落し、郵便為替での送金、相手口座への直接振込みなど、さまざまな決済手段があります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「け」から始まる金融用語解説

決済口座(settlement account)とは

決済口座(settlement account)とは
決済口座(settlement account)は公共料金やクレジットの利用代金などの返済(決済)を自動引落しで行なうための預貯金講座のことです。一般に、普通預金口座や当座預金口座が利用されます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「け」から始まる金融用語解説

決済確認番号(acquiere's reference number)とは

決済確認番号(acquiere's reference number)とは
決済確認番号(acquiere's reference number)はアクワイアラー(加盟店契約会社)が、カード売上げ伝票等の決済などの記録を確認するための記録番号のことです。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「け」から始まる金融用語解説

決済(Iiquidation;settlement)とは

決済(Iiquidation;settlement)とは
決済(Iiquidation;settlement)は際見を完済することによって、債権;債務関係を消滅させることです。あるいは期日到来債務を完済することです。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「け」から始まる金融用語解説

ゲートウェイ(gateway)とは

ゲートウェイ(gateway)とは
ゲートウェイ(gateway)は出入口、通路と意味ですが、ネットワーク上では他のネットワークに接続することをいいます。ホストコンピュータへのアクセス機構です。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「け」から始まる金融用語解説

系列方式(maker-credit)とは

系列方式(maker-credit)とは
系列方式(maker-credit)はメーカーが小売店と消費者の間に、自社系列の割賦販売業者(メーカー割賦)を介在させ、クレジット契約を行なう方式です。小売店はメーカー割賦業者の加盟店になります。小売店が貸倒れのリスクを負担(代位弁済)するwith-recourse契約と、小売店はリスク負担しないwithout-recourse契約があります。

関連ワード>専門機関媒介方式、独立方式
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「け」から始まる金融用語解説

契約の解除(cancellation of contract;rescission;annulment of contract)とは

契約の解除(cancellation of contract;rescission;annulment of contract)とは
契約の解除(cancellation of contract;rescission;annulment of contract)は契約が有効に成立した後に、当事者の一方の意思表示により契約関係を当初にさかのぼって消滅させることです。一方の当事者の意思表示で契約を解消する点で、当事者双方の合意で契約を解消する「合意解除」と区別され、契約関係が初めからなかったと同様の効果を生ずる点で、契約関係を将来に向かって解消する「解約」と区別されます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「け」から始まる金融用語解説

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。