エアラインカード(airline credit card )とは

エアラインカード(airline credit card )とは
エアラインカード(airline credit card )は航空会社が発行するクレジットカードのことで日本では日本航空のJALカード、全日本空輪のANAカードなどが代表的です。利用状況に応じたポイントにより、無料航空券がプレゼントされる「マイレージサービス」で人気が高まりました。

関連ワード>マイレージサービス
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「え」から始まる金融用語解説

SSL(secure sockets layer)とは

SSL(secure sockets layer)とは
SSL(secure sockets layer)はネットスケープ・コミュニケーションズ社がNetscapeNavigatorに搭載した暗号機能で公開鍵暗号方式と共通鍵暗号方式を併用して安全な通信を保障する仕組みのことです。さまざまなプロトコルと併用して利用できますが、HTTPと組み合わせhttpsとして使われることが多いです。盗聴やデータ改ざんを防ぐため電子商取引で広く使われています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「え」から始まる金融用語解説

エスクローサービス(escrow service)とは

エスクローサービス(escrow service)とは
エスクローサービス(escrow service)は取引の安全性を保証する仲介サービスのことです。エスクローサービス業者はネットオークション等において、売り手と買い手の間に入り、商品と代金の受渡しに責任をもって取引を完了させます。売り手は買い手が事業者に入金したことを確認してから配送出来るので代金を受け取り損ねることがありません。エスクローサービス業者は買い手から購入代金を預かる際にサービス手数料を受け取ることになっています。このサービスを利用するには料金がかかるため、あらかじめ売買契約当事者双方の同意を必要とします。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「え」から始まる金融用語解説

エスクロー(escrow)とは

エスクロー(escrow)とは
エスクロー(escrow)はアメリカの法律用語で「第三者寄詫」と訳されます。特定物件を第三者に寄詫し、一定の条件が相手方によって満たされたときにその物件を相手方に引き渡すことを約する条件付譲渡証書のことです。インターネット取引におけるトラブルが急増したことから商品や代金の受渡しを第三者が保証するエスクローサービスが広がり始めました。

関連ワード>エスクローサービス
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「え」から始まる金融用語解説

S&L(Savings & Loan association)とは

S&L(Savings & Loan association)とは
S&L(Savings & Loan association)は住宅抵当貸付を主義務をする米国の中小金融機関で「貯蓄貸付組合」と呼ばれます。1988年以降数年にわたり、経営不振に陥ったS&Lの倒産は年間200〜300件にのぼりました。金利自由化で資金調達コストが上昇する一方、金利上昇局面で固定金利の長期不動産貸付債権との間に逆サヤが生じました。規制緩和で資産運用の自由度が増し、預金保険でリスクがカバーされていたこともありハイリスクな運用が増大したところへ不動産市況の悪化、ジャンクボンドの値下がりが打撃となりました。清算して預金保険を支払うより一部資金補てんして合併させるというFSLIC(連邦貯蓄貸付保険会社)の方針も問題を先送りにしたにすぎず、FSLIC自体も支払不能に陥りました。1989年にS&L救済法が成立し、S&Lの整理・統合が大幅に進められ、新設のRTC(整理信託公社)、OTS(貯蓄金融機関監査局)が不良債権処理にあたりました。

関連ワード>セイビングローン
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「え」から始まる金融用語解説

エコマネー(eco-money)とは

エコマネー(eco-money)とは
エコマネー(eco-money)は地域通貨のことです。地域内での経済環境を図り、地域経済の自立性を高める目的で始まったもので、@運営団体、A登録会員(メンバー)、B通貨または通帳、で構成されます。登録会員間でサービスが提供されるとエコマネーが支払われます。「互助」と「互酬」を基本とし現金通貨とは交換しません。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「え」から始まる金融用語解説

エクスペリアン(Experian)とは

エクスペリアン(Experian)とは
エクスペリアン(Experian)は1996年、米国TRW社の信用情報部門(TRW情報システム&サービス)と英国のCCN(CCN Experian Ltd.)グループの合併により設立された情報サービス会社のことで、ヨーロッパ、アフリカ、アジア太平洋諸国、米国の拠点を通じてリスク管理、ターゲットマーケティング、顧客管理サービスの幅広い分野を開発しています。クレジットビューロー(個人信用情報機関)としては世界最大規模です。なお、米国のクレジットビューロー市場はエキファックス(Equifax本部アトランタ)、エクスペリアン、トランスユニオン(Trans Union本部シカゴ)の大手3社で90%を占めています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「え」から始まる金融用語解説

エクストラネット(Extra Net;extranet)とは

エクストラネット(Extra Net;extranet)とは
エクストラネット(Extra Net;extranet)は構築したイントラネットをインターネットを通じて複数の企業のイントラネットと結び情報交換や取引などを行なうネットワークをいいます。

関連ワード>イントラネット
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「え」から始まる金融用語解説

エクストラセールス(Extra sales)とは

エクストラセールス(Extra sales)とは
エクストラセールス(Extra sales)は景品付きなどの特売のことです。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「え」から始まる金融用語解説

エクステンション(extension)とは

エクステンション(extension)とは
エクステンション(extension)は延長、拡張の意味で、消費者信用でエクステンションという場合は「返済期間を延長して、再契約すること」をさします。クローズエンド・クレジットシステム(閉鎖信用体系)で返済期間を延長することにより、毎月の返済金額が減少します。一般にエクステンションという与信技法を用いるのは既契約の約定返済が困難になったときにカウンセリングを前提として再契約を行なう場合です。なお、当初からエクステンション概念を組み込んだ返済方法に「ステップ償還システム」があります。

関連ワード>クローズエンド・クレジットシステム、ステップ償還システム
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「え」から始まる金融用語解説

エクイティファイナンス(equity finance)とは

エクイティファイナンス(equity finance)とは
エクイティファイナンス(equity finance)は新株発行を伴なう企業の資金調達のことで公募や私募による増資や新株予約権付き社債の発行(商法341条ノ2)などがエクイティファイナンスの手段となります。普通社債の発行など負債の増加による資金調達であるデットファイナンスに対していいます。資本市場の裾野の広がり、低金利時代の到来で銀行借入より自らが増資や起債をして資金を調達する直接金融がコスト面で有利になり、1985(昭和60)年以降急増しました。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「え」から始まる金融用語解説

役務(service;labor)とは

役務(service;labor)とは
役務(service;labor)は他人に提供する労務などのサービスのことです。割賦販売法では従来、特定の指定商品(物品)に対してのみ規制を加えてきましたが、1984(昭和59)年の法改正の際、「役務の提供が指定商品の販売の条件になっているとき」は、役務の提供に関する事項を契約書面に記載することが義務づけられました。エステティックサロン、保養、スポーツ施設の利用、語学の教授など割賦販売法や特定商取引法で定められているものを指定役務といいます。

関連ワード>指定役務
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「え」から始まる金融用語解説

エキファックス(Credit Bureau Inc.Equifax)とは

エキファックス(Credit Bureau Inc.Equifax)とは
エキファックス(Credit Bureau Inc.Equifax)はアメリカの3台クレジットビューローの1つで、本部はアトランタです。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「え」から始まる金融用語解説

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。