オンライン・リアルタイム処理(on-line realtime processing)とは

オンライン・リアルタイム処理(on-line realtime processing)とは
オンライン・リアルタイム処理(on-line realtime processing)は情報を発生時点で逐次コンピュータに入力し必要な情報を即時にアウトプットする情報処理手法です。航空券など各種の座席予約などは一般にオンライン・リアルタイム処理で行なわれています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「お」から始まる金融用語解説

オンライン・デビットカード(on-line debit card)とは

オンライン・デビットカード(on-line debit card)とは
オンライン・デビットカード(on-line debit card)はATMネットワーク(VISAのPULS、MasterCardのCirusなど)を利用したデビットカードです。利用時の本人承認はPIN(暗証番号)で行なわれ、顧客口座からの資金移動はその場で行なわれます。MasterCardのマエストロ、VISAのエレクトロン、インターリンクなどがあります。

関連ワード>オフライン・デビットカード
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「お」から始まる金融用語解説

オンラインショッピング(on-line shopping)とは

オンラインショッピング(on-line shopping)とは
オンラインショッピング(on-line shopping)はインターネット上の仮想商店街(サイバーモール=cyber mall)を通じて企業と消費者間が電子商取引を行なうものです。時間帯や距離に関係なく商品を購入できるメリットがある一方で、決済やセキュリティなどの技術的問題(ネットワーク上でパスワードやID番号、クレジットカードの会員番号などが盗まれるなど)や、法整備の必要性などが問題点として指摘されています。

関連ワード>電子商取引
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「お」から始まる金融用語解説

オンライン(on-line system)とは

オンライン(on-line system)とは
オンライン(on-line system)はコンピュータの本体、あるいはセンターマシンに対して、遠隔地に設置されている端末機などが、通信回線によって接続されている場合をいいます。

関連ワード>オフライン
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「お」から始まる金融用語解説

音声自動応答システム(ARS=audio responde system)とは

音声自動応答システム(ARS=audio responde system)とは
音声自動応答システム(ARS=audio responde system)は人間の声をコンピュータが識別判断して、自動的に処理を行なうシステムです。わが国の銀行系クレジットカード業界では、1982(昭和57)年から住友クレジットカードサービス(現三井住友カード)が通信販売の申込受付にARSを初めて導入しました。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「お」から始まる金融用語解説

オン・アス取引(on-us transaction)とは

オン・アス取引(on-us transaction)とは
オン・アス取引(on-us transaction)はクレジットカード業務でアクワイアラー(加盟店契約会社)とイシュアー(カード発行会社)が同一会社である場合の取引をいいます。例えば、Aカードの会員が、Aカードが開拓した加盟店で買い物をする場合がこれに相当します。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「お」から始まる金融用語解説

オペレーティングリース(operating lease)とは

オペレーティングリース(operating lease)とは
オペレーティングリース(operating lease)はファイナンスリース以外のリース契約のことです。修繕などをリース会社が行い一定予告期間を置いたうえで中途解約が可能などの特色をもちます。

関連ワード>ファイナンスリース
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「お」から始まる金融用語解説

オペレーションズ・リサーチ(PR=operations reserch)とは

オペレーションズ・リサーチ(PR=operations reserch)とは
オペレーションズ・リサーチ(PR=operations reserch)はOR(オー・アール)と略され、経営用語としては数学的分析法を用いて、経営戦略や軍事作戦などの展開の効率を最大限に高めるための分析研究を行うことです。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「お」から始まる金融用語解説

オペレーショナル・リスク(operational risk)とは

オペレーショナル・リスク(operational risk)とは
オペレーショナル・リスク(operational risk)は経営リスクのうち、事務リスクとシステムリスクのことをいいます。これに法務リスクを含めていうこともあります。(信用リスク、市場リスク以外のすべての経営リスクをいう場合もあります)。これらを金融機関が重視するのは金融機関のビジネス戦略が金利収益だけでなく、バランスシートを使わない手数料など、オペレーション(通信・電算機器の操作)による非金利収益の拡大に注力しだしたことによります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「お」から始まる金融用語解説

オフライン・デビットカード(off-line debit card)とは

オフライン・デビットカード(off-line debit card)
オフライン・デビットカード(off-line debit card)はビザ・インターナショナルやマスターカード・インターナショナルのクレジットカード・ネットワークを利用したデビットカードのことです。VISAの場合は「VISAチェックカード」、MasterCardの場合は「MasterMoney」があります。利用時の本人認証はクレジットカード同様サインで行なわれ、顧客口座からの資金移動は2〜3営業日内に実施されます。

関連ワード>オンライン・デビットカード
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「お」から始まる金融用語解説

オフライン(off-line processsing)とは

オフライン(off-line processsing)とは
オフライン(off-line processsing)はあるシステムが中央処理装置と直結していない状態のことです。オンラインでない方式であり、ラインから切り離されていることです。

関連ワード>オンライン
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「お」から始まる金融用語解説

オフバランスシート(off-balance sheet transaction)とは

オフバランスシート(off-balance sheet transaction)とは
オフバランスシート(off-balance sheet transaction)は金利スワップ取引、先物取引、オプション取引などバランスシートに計上されない、いわゆる簿外取引をさします。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「お」から始まる金融用語解説

オプトインメール(opt-in mail)とは

オプトインメール(opt-in mail)とは
オプトインメール(opt-in mail)は利用者にあらかじめ興味あるジャンルなどを登録してもらいそのジャンルの広告を電子メールで配信するサービスのことです。インターネットを利用したワン・トゥ・ワン・マーケティング手法です。

関連ワード>ワン・トゥ・ワン・マーケティング
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「お」から始まる金融用語解説

オプトイン/オプトアウト(opt-in/opt-out)とは

オプトイン/オプトアウト(opt-in/opt-out)とは
オプトイン/オプトアウト(opt-in/opt-out)は個人情報をリスト化したりする際、本人の同意を得て作成する方式を「オプトイン」、この同意を省く方式を「オプトアウト」といいます。個人情報機関への登録は、本人の同意が義務づけられているのでオプトイン方式となります。これに対し、各社の顧客名簿などは必ずしも本人の同意を必要としません。

関連ワード>登録同意、同意文
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「お」から始まる金融用語解説

オプション取引(option transaction)とは

オプション取引(option transaction)とは
オプション取引(option transaction)は通貨、金利、株式など、ある特定の金融資産を特定の価格(行使価格)で、将来の特定期日(または特定の期間中)に買う権利(コール・オプション)または売る権利(プット・オプション)を売買する取引をいいます。オプションは金利・為替変動などのリスク回避の代価はオプションプレミアムと呼ばれます。オプションの保有者は資産の売買を行使する権利をもちますが行使義務は負いません。この点が売買する権利とともに義務をもつ先物取引と異なっています。

関連ワード>金融先物取引
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「お」から始まる金融用語解説

送付け商法/押付け商法(negative option sales)とは

送付け商法/押付け商法(negative option sales)とは
送付け商法/押付け商法(negative option sales)は発注もないのに業者が勝手に商品を送りつけ、後で一方的に料金を請求する商法です。ネガティブ・オプションともいいます。この場合、商品に手をつけず、業者に引き取りの請求をすれば代金を支払う必要がなく品物を送り返す必要もありません。引き取りの請求をした場合、その日から7日間がすぎれば商品を勝手に処分してよく、また引き取りの請求をしない場合は14日間保管しておけばその後は勝手に処分してよいことになっています(特定商取引法59条)。

関連ワード>悪質商法
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「お」から始まる金融用語解説

オープンポイント・プログラム(open point program)とは

オープンポイント・プログラム(open point program)とは
オープンポイント・プログラム(open point program)はポイント移行システムのことで、クレジットカードの利用実績に応じて蓄積したポイントを、そのカードの本来のポイントサービスのために品揃えした商品やサービスに変換できるサービスです。例えば、銀行系カードのポイントを航空会社のマイルやインターネット上で利用する電子マネーなどに変換する仕組みです。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「お」から始まる金融用語解説

卸売物価指数(wholesale price index)とは

卸売物価指数(wholesale price index)とは
卸売物価指数(wholesale price index)は卸売段階での商品の価格水準を示す物価指数のことです。国内卸売物価指数、輸出物価指数、輸入物価指数、およびこれらを合成した総合卸売物価指数という形で日本銀行調査統計局が公表する月次統計が行なわれ、物価および景気動向などの判断に用いられます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「お」から始まる金融用語解説

オリジネーター(originator)とは

オリジネーター(originator)とは
オリジネーター(originator)は証券化の対象となる債権の当初の保有者(原債権者)のことです。「債権を作り出したもの」という意味でオリジネーターと呼ばれます。リース債権の場合はリース会社、割賦債権の場合は信販会社、貸付債権の場合は金融機関がオリジネーターということになります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「お」から始まる金融用語解説

OBカード(OB card)とは

OBカード(OB card)とは
OBカード(OB card)は大学の卒業生(OB=old boy)を対象としたクレジットカードのことで1989(平成元)年10月に発行を開始した「早稲田カード」が最初です。校友会の活性化が主目的ですが大学関連施設の優待サービスなどが受けられます。アフィニティカードの1形態です。

関連ワード>アフィニティカード
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「お」から始まる金融用語解説

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。